Japanese / English

Past Exhibition

Printed Matters

Alexander Rodchenko

1920年代の写真と書籍デザイン

1997.10.6 - 10.24

出品リスト

Museum Series Portfolio Portfolio 1: Classic Images.

Selection: Howard Schickler, Varvara Rodchenko, Alexander Lavrentiev
Printing: Alexander Lavrentiev, Yuri Plaksin
Retouching: Nikolai Lavrentiev
Technical Assistance: Cheryl Finley, Motel Fine Arts, Anne Windhorst Simmons
Design: Steven Schoenfelder, Judy Smilow
Edition Size: 35 plus 5 hors Commerce
Published by: Rodchenko/ Stepanova Archives, Moscow Schickler Lafaille, Los Angeles/ New York, 1994

1. Portrait of the artist's mother, 1924 240 x 177 mm
2. The Poet Vladimir Mayakovsky, 1924 243 x 174 mm
3. 3. Fire Escape, 1925 240 x 168 mm
4. 4. Balconies, 1925 238 x 124 mm
5. House of Mosselprom, 1925 240 x 174 mm
6. Columns of the Museum of Revolution, 1926 245 x 164 mm
7. Samozveri (Auto-Animals), 1926 241 x 185 mm
8. Boats on the Moscow River, 1926 170 x 223 mm
9. Pine Trees, Pushkino, 1927 242 x 168 mm
10. Briansk Railway Station, 1927 238 x 175 mm
11. Cigaretto Girl, Pushkinskaya Square, 1927 169 x 223 mm
12. Courier Girl, 1928 239 x 167 mm
13. Glass and Light, 1928 241 x 174 mm
14. Courtyard, 1928 242 x 177 mm
15. Gathering for a Demonstration, 1928 182 x 242 mm
16. Street, 1929 240 x 165 mm
17. Guard, Shukov Tower, 1929 160 x 224 mm
18. Gears, 1929 238 x 165 mm
19. Stairs, 1929 137 x 220 mm
20. Pioneer with a Trumpet, 1930 238 x 179 mm
21. Turn of the Street Car Line, 1932 157 x 220 mm
22. Orchestra, White Sea Canal, 1933 151 x 222 mm
23. Ships in the Lock, 1933 239 x 160 mm
24. Girl with Leica, 1934 240 x 170 mm
25. Diver, 1934 242 x 182 mm
26. Athletes, 1934 240 x 171 mm
27. Horse Race, 1935 148 x 221 mm
28. 'Dinamo' Sports Club, 1935 162 x 219 mm
29. Gymnastics, 1936 151 x 222 mm
30. Male Pyramid, 1936 237 x 124 mm

Museum Series Portfolio Portfolio 2: Portraits: Rodchenko and His Circle.

Photographs
Selection: Howard Schickler, Varvara Rodchenko, Alexander Lavrentiev
Printing: Alexander Lavrentiev, Yuri Plaksin

The Portfolio
Technical Assistance: Peter Kruty Editions
Portfolio construction: Portfolio Box, Inc.
Papaer: Twinrocker
Design Construction: Spring Harvey Design
Endpaper Printing: Katarzyna Gruda
Endpaper Illustrations: Portrait of Alexander Rodchenko by Eliezar Langman, 1929 and signature of Alexander Rodchenko

Publication Date: 1997
Edition Size: 30 plus 5 hors Commerce
Distribution by: Howard Schickler Fine Art, New York

1. The Poet Vladimir Mayakovsky, 1924 241 x 175 mm
2. Lily Brik, 1924 178 x 220 mm
3. The Painter Alexander Shevchenko, 1924 244 x 183 mm
4. Artist and Architect Alexander Vesnin, 1924 241 x 185 mm
5. Artist, Producer, and Publisher Alexei Gan, 1924 243 x 185 mm
6. Artist and Designer Liubov Popova, 1924 240 x 161 mm
7. The Critic Osip Brik, 1924 240 x 178 mm
8. Actor and Producer Vitaly Zhemchuzhny, 1924 243 x 183 mm
9. Yevgenia Zhemchuzhnaya, 1924 244 x 178 mm
10. The Sculptor Anton Lavinsky, 1924 180 x 224 mm
11. The Writer Elsa Triolet (Sister of Lily Brik), 1924 243 x 173 mm
12. Documentary Film-maker Esther Schub, 1924 240 x 169 mm
13. The Worker's Faculty Student, 1924 242 x 181 mm
14. Varvara Stepanova, 1925 243 x 175 mm
15. In the Workshop of Rodchenko and Stepanova, 1925 160 x 223 mm
16. The Film~maker Lev Kuleshov, 1927 243 x 178 mm
17. The Poet Nikolai Aseev, 1927 154 x 225 mm
18. Vkhutemas Student Ivan Morozov, 1927 242 x 177 mm
19. Varvara Stepanova, 1928 242 x 179 mm
20. The Artist's Mother at the Table, 1928 165 x 224 mm
21. Poet and Writer Sergei Tretyakov, 1928 244 x 184 mm
22. Driver, 1929 163 x 223 mm
23. Pioneer Girl, 1930 241 x 179 mm
24. Actress Julia Solntseva, Producer Alexander Dovzhenko, and Futurist-poet Alexei Kruchenykh, 1930 165 x 225 mm
25. Professor Boris Schvetsov, 1931 242 x 165 mm
26. Photo~reporter Vadim Kovrigin at the Moscow-Volga Canal, 1934 240 x 176 mm
27. Photojournalist Georgy Petrusov, 1932-34 170 x 222 mm
28. Field Flowers, 1937 242 x 175 mm

Vintage photographs

1. Photomontage for Maiakovskii "About This", 1923. 20.3 x 12.7 cm, stamped on verso.
2. Photomontage for Maiakovskii "About This", 1923. 12.3 x 8.9 cm, stamped on verso.
3. Samozveri, 1926. 15.2 x 12.2 cm
4. The Courtyard in summer, 1928. 22.1 x 16.4 cm, stamped on verso.
5. Equestrian, 1934. 16.5 x 11.1 cm, stamped on verso.

Books

1. Aseev, Nikolai Nikolaevich Izbran' stikhi 1912-1922 (Selected verse 1912-1922).
2. Dybenko, P.E. Miatezhniki (Mutinees).
3. Otkrytye pis'ma gosudarstvennogo izdatel'stva. Katalog (Open Letters of Gosizdat. Catalogue).
4. Dzhim (Jim) Dollar (psedudonyum of Marietta Sergeevna Shaginian). Mess Mend ili lanki v Petrograd: roman (Mess Mend or the Yankee in Petrograd: a novel).
5. L'Art Decoratif et Industriel de L'U.R.S.S. Moscow-Paris.
6. Maiakovskii, Vladimir Vladomirovich. Parizh (Paris).
7. Roginskii, N.O. Sovremennye metody ograzhdeniia Bezopasnosti Sledovaniia poezdov (Contemporary methods of ensuring the safty of the movement of trains). with V. Stepanova.
8. Uinslou, Teilor Frederik. Nauchnaia organizatsiia truda (Scientifically planned labour).
9. Maiakovskii, Vladimir Vladomirovich. Ispaniia, Okean, Gavana, Meksika, Amerika (Spain, Ocean, Havanna, Mexico, America).
10. Maiakovskii, Vladimir Vladomirovich. No.S.: novye stikhi (No.S.: new verse).
11. Maiakovskii, Vladimir Vladomirovich. Sifilis (Syphilis).
12. Maiakovskii, Vladimir Vladomirovich. Razgovor s fininspektorom o poezii (Conversation with a tax inspector about poetry).
13. Maiakovskii, Vladimir Vladomirovich. Sergeiu Eseninu (To Sergei Essenin).
14. Kino-Literatura (Cinema-Literature). with Stepanova.
15. Mikhailov, I.K. Chetvert' veka podpol'shchika (Agent's quarter of a century).
16. Maiakovskii, Vladimir Vladomirovich. Klop: feericheskaia komediia, deviat'kartin (Bed bug: a fairytale comedy, ten scenes).
17. edited by K. Zelinskii and I. Selvinskii. Biznes: sbornik Literaturnogo tsentra konstruktivistov (Business: a collection of the Literary Centre of Constructivist).
18. Aseev, Nikolai Nikolaevich. Sobranie stikhotvorenii v 4-kh tamakh (Collected Poems in 4 volumes). with Stepanova.

Periodicals

1. Lef: Zhurnal levogo fronta iskusstv (Lef: journal of Left Front of the Arts). no.2,3,4, 1923.
2. Kniga o Knigakh (A Book about books). no.7/8, 1927.
3. Sovestskoe Foto (Soviet Photo). no.8, 1929. no.14,15,1930.
4. Novyi Lef (New Left Front of the Arts). no.2,3,5,7, 1927. Radio slushatel' (Radio Listner). continued as: Govorit Moskva (Moskoe Speaking). no.10,21,29,1930, no. 3, 1921.v

I.
構成主義

イタリア未来派に端を発したアヴァンギャルド芸術、ダダイズム、デ・シュティール、構成主義、バウハウス、ポエティズムそしてシュールレアリスム等を擁する、今世紀の二つの大戦間の時代、すなわち1920年代から1930年代は、作家たちが、それぞれ異なる事情からでしたが、共通して絵画や彫刻という既成の媒体から表現の場を拡大させ、人々の生活に密接な関係をもつ様々な分野へ進出していった時代でした。 

とりわけロシアでは、1917年の十月革命によって政権を掌握した革命政府が、プロレタリアート芸術にふさわしいものとして、構成主義の作家たちを支援し、彼等が制作したポスターや書籍、様々な印刷物、演劇や映画によってボルシェビキの政治宣伝をおこなったこともあって、アヴァンギャルド芸術はここにひとつの頂点をむかえました。「芸術家は、機械による生産や建築、グラフィックや写真による伝達メディアに直接関与することによって、社会全体の物質的知的要求を高めるのに貢献できる」という構成主義者たちの信念は、ボルシェビキの思想に合致していましたので、一時的でしたが、政治と芸術との間に幸福な協調関係が生まれたのです。 

こうした社会的条件に加え、表現上の理由からも、現実の生活と密接に関係した分野での仕事が、構成主義者にとって最も重要なものとなりました。つまり、機械技術社会への共感を反映した単純明快な幾何学的形態、見やすさや活字に固有な表現力を重視したレイアウト、フォトモンタージュによる表現はすべて、従来のイーゼル絵画においてではなく、ポスターや書籍デザイン等のグラフィックにおいて、本来の真価を発揮するものであったからです。なかでも特に写真とフォトモンタージュは、彼等の重要な表現手法でした。この時代はカメラの普及によって、作家が自ら撮影した写真を積極的に自分の仕事に活用し始めた時代でしたし、特に構成主義者たちは好んで写真やフォトモンタージュをグラフィックの仕事に取り込み、様々な実験を通して大きな成果をあげました。グラフィックと写真との緊密な結びつきが、彼等の試みを通して始まった、という意味で構成主義者の功績ははかりしれません。 

構成主義のこうしたグラフィックの仕事は、彼等が一から創造したものでは勿論ありませんでした。重要なのは、同時代の他のアヴァンギャルド芸術で行われていたタイポグラフィーやフォトモンタージュのさまざまな実験がそこに集約され、総合されたという点です。アヴァンギャルドのグラフィックデザインにおける到達点は、構成主義に示されているといえるのです。ロシア未来派はイタリア未来派の直接の後継者ですし、ロドチェンコは常にバウハウスでのモホリ=ナギの写真やタイポフォトの仕事を範としていました。こうした意味で、構成主義にこそ、近代のグラフィックデザインの直接の基礎を求めることができます。構成主義の作家たちがいなければ、今日のグラフィックデザインは、今あるものとは異なったものになっていたはずです。 



II.
ロドチェンコ 

そしてこの構成主義はロドチェンコから始まったのです。彼は1915年以来定規とコンパスだけでデザインをし、最後まで構成主義者として奮闘し続けました。極論すれば、構成主義はロドチェンコその人であったともいえます。生涯絵画を見捨てなかったリシツキーとは異なり、彼は革命前の初期にこそ油絵を描いていましたが、その後は活版印刷、ポスターのデザイン、書籍の挿絵の分野で多くの仕事をしました。彼はまた、積極的に写真をグラフィックの仕事に取り込むことによって、多くの成果を構成主義にもたらしました。 

ロドチェンコは写真家としても写真史のなかで独自の位置を占めていますが、彼が写真を始めたのは、そもそもフォトモンタージュの制作を目的としてでした。近代的な工業社会に積極的な価値を見いだしていた構成主義者たちにとって、現実世界を切り取り、そこに新たな関係を創りだすフォトモンタージュは、大胆なレイアウトと効果的なタイポグラフと相まって、グラフィックの仕事での有効な表現手法となっていたのです。 

ロドチェンコは、はじめ他人の撮影した写真によってフォトモンタージュを制作していましたが、ライカを入手してからは、自分自身で撮影もするようになり、写真のもつ可能性に魅了され、後にはどの分野にもまして写真に力を入れるようになりました。


III.
写真と書籍デザイン 

構成主義の他、シュールレアリスム、バウハウス、デ・シュティール等のアヴァンギャルド芸術の印刷物や資料の重要さは、近年ますます認識されてきています。しかし構成主義ほど、詩集やカタログ等のグラフィックデザインの仕事にその本質が集約されている美術運動はありません。したがって、構成主義の紹介において、グラフィック資料は、決して油彩や彫刻の仕事を理解するうえでの補助や解説としての二次的なものとしての位置に甘んじないばかりか、何よりもそれによってこそ、最も適切に彼らの仕事の本質を伝えることができる、という積極的な意義をもちます。 

アヴァンギャルドの作家たちによって、グラフィックの仕事に取り入れられた写真というメディアは、逆に言えば、そのことにより自律した閉鎖的なメディアであることから解放され、造形芸術においてより積極的意味をもつようになりました。これまでロドチェンコの写真は、その題材や構図といった写真史的な観点からのみ、その重要性を指摘、紹介されてきたきらいがあります。 

本展では、ロドチェンコの写真と書籍・雑誌を同時に展示することにより、アヴァンギャルド芸術における写真と印刷物の密接な関係をご紹介したいと考えています。

rodchenko

展覧会を機に、ロドチェンコがデザインした書籍のカタログレゾネを制作

A CATALOGUE RAISONNE OF BOOKS, DESIGNED BY ALEXANDER RODCHENKO.

1997. 21.0 x 14.8 cm. 16pp. 115点の書籍と19点の定期刊行物をリストアップ。