河口 龍夫

Biography

1940 兵庫県神戸市に生まれる
1962 多摩美術大学絵画科卒業
1965 グループ〈位〉結成
1974 第一回井植文化賞(文化芸術部門)受賞
1975 文化庁芸術家在外研修員として欧米に滞在
1983 筑波大学芸術学系助教授
1991 筑波大学芸術学系教授
1992 『河口龍夫作品集』(発行:現代企画室)刊行
2003 筑波大学芸術学系教授定年退官、京都造形芸術大学大学院教授
2004 筑波大学芸術学系名誉教授、倉敷芸術科学大学教授、京都造形芸術大学客員教授
2008 『河口龍夫―見えないものと見えるもの―』(発行:現代企画室)刊行
第15回日本現代藝術振興賞受賞
2017 第58回毎日芸術賞受賞
現在 千葉県在住

Solo Exhibitions

                 
2020 「SHOW-CASE project No.4 河口龍夫 鰓呼吸する視線」、慶應義塾大学アート・スペース(東京)
「TATSUO KAWAGUCHI」、Kayne Griffin Corcoran(Los Angeles, USA)
「河口龍夫 種子が芸術になるとき」、SNOW Contemporary(東京)
2019 「河口龍夫 時の羅針盤」、磯辺行久記念越後妻有清津倉庫美術館(新潟)
「河口龍夫 <関係>の始まり」、Art Office Ozasa(京都)
「河口龍夫 個展 : 関係―中原佑介」、アートフロントギャラリー(東京)
2018 「河口龍夫『1963年の銅版画より』」、SNOW Contemporary(東京)
「河口龍夫展 ―ちのこうや」、黒部市美術館(富山)
「河口龍夫 関係-鉛の郵便」、SNOW Contemporary(東京)
「河口龍夫 時間の質 あるいは 関係ー時間」、横田茂ギャラリー(東京)
「河口龍夫 DARK BOX "Shelter" lat: 35.35153 lng: 139.4057」、CAPSULE(東京)
2017 「アートドキュメント2017 河口龍夫展」、金津創作の森(福井)
「河口龍夫 垂直の音 と 階段時間」、ギャラリー門馬(北海道)
2017 「河口龍夫」、Fuji Xerox Art Space(神奈川)
「Tatsuo Kawaguchi」、Kayne Griffin Corcoran(Los Angeles, USA)
「Tatsuo Kawaguchi」、Frieze New York(New York, USA)
2016 「河口龍夫 時間の位置」、川口市アートギャラリーアトリア(埼玉)
「河口龍夫『時間の位相』」、SNOW Contemporary(東京)
「河口龍夫 《陸と海》ーそしてその外側ー」、横田茂ギャラリー(東京)
2015 「河口龍夫 シーラカンス近く」、シーラカンス 毛利武士郎記念館(富山県黒部市)
「河口龍夫 発芽までの待つ時間」、山鬼文庫(石川)
「河口龍夫 闇の時間」、カスヤの森現代美術館(神奈川)
「Tatsuo Kawaguchi: Land and Sea 1970」、Taka Ishii Gallery New York(New York, USA)
「河口龍夫 垂直の時間、あるいは階段時間」、SNOW Contemporary(東京)
「河口龍夫 原稿用紙、本の中に」、NADiff a/p/a/r/t(東京)
「河口龍夫 《陸と海》−1970年4月22日−」、横田茂ギャラリー(東京)
2014 「河口龍夫」、極小美術館(岐阜)
「河口龍夫 真珠になった種子 音となった種子」、ギャラリー門馬(北海道)
2013 「手のひらに そっと 河口龍夫」、中井文和・五絵宅(京都)
<闇のなかで そして 光のなかで>、横田茂ギャラリー(東京)
「第2回現代美術の集い 河口龍夫展 今、ふたたび「種子の周囲に」」、パレア若狭ギャラリー(福井)
「聴竹居で記憶のかけらをつなぐ」、聴竹居(京都府乙訓郡大山崎町大山崎)
2012 「光あれ! 河口龍夫 - 3.11以降の世界から」、いわき市立美術館(福島)
2010 「河口龍夫」、横田茂ギャラリー(東京)
「河口龍夫 螺旋の時」、加計美術館(岡山)
2009 「河口龍夫展 言葉・時間・生命」、東京国立近代美術館(東京)
2008 「河口龍夫―時間をもった闇/飛翔を経験した種子― 名古屋市美術館常設企画展」、名古屋市美術館(名古屋)
「時の航海 河口龍夫」、入善町下山藝術の森発電所美術館(富山)
「河口龍夫〈see saw seen 1973〉」、横田茂ギャラリー(東京)
「無限への立ち位置―河口龍夫の1970年代」、宇都宮市美術館(栃木)
2007 「河口龍夫展《関係-質》 名古屋市美術館常設企画展」、名古屋市美術館(愛知)
「河口龍夫-見えないものと見えるもの-」、名古屋市美術館(愛知)
「河口龍夫-見えないものと見えるもの-」、名古屋市美術館(愛知)
2006 「河口龍夫 地下時間」、MACA G(東京)
2005 「河口龍夫 関係-本」、東京パブリッシングハウス(東京)
「時間の時間 Part2 河口龍夫 石になった森」、ギャラリーNOVITA(青森)
「時間の時間 河口龍夫展」、国際芸術センター青森(青森)
2004 「河口龍夫 関係-時のフロッタージュ 名古屋市美術館常設企画展」、名古屋市美術館
2003 「Japan Contemporary Art – Kawaguchi Tatsuo」、釜山市美術館(韓国)
「河口龍夫 大地と水と植物」、ヒルサイドフォーラム(東京)
2002 「河口龍夫展 関係-小さきもの」、INAXギャラリー2(東京)
2001 「河口龍夫 関係-植物・HIROSHIMAのたんぽぽ」、盛岡クリスタル画廊(山形)
2000 「河口龍夫 関係―種子・生命」、横田茂ギャラリー(東京)
「河口龍夫〈Dark Box〉」、横田茂ギャラリー(東京)
1999 「河口龍夫―関係・京都」、京都市美術館(京都)
「河口龍夫 関係-相似」、MUSEUM HAUS KASUYA カスヤの森現代美術館(神奈川)
1998 「呼吸する視線 河口龍夫 見えないものとの対話」、いわき市立美術館(福島)
「河口龍夫 版画集『関係‐時間・時のフロッタージュ』によせて」、東京パブリッシングハウス(東京)
「河口龍夫―封印された時間」、水戸芸術館現代美術センター(茨城)
1997 「関係-河口龍夫」、千葉市美術館(千葉)
「河口龍夫〈関係-水〉鰓呼吸する視覚」、横田茂ギャラリー(東京)
1996 「河口龍夫 関係-種子・農具」、ヒルサイドギャラリー(東京)
1995 「Walk-in sculpture 河口龍夫」、横田茂ギャラリー(東京)
1994 「かたちとまなざしのゆくえ―美術と工芸をめぐって―生成する現代―河口龍夫」、かわさきIBM市民文化ギャラリー(神奈川)
  「河口龍夫 種子の周囲に」、アート・フロント・ギャラリー、ヒルサイドギャラリー(東京)
1993 「河口龍夫 関係-蓮の時・葉緑素」、横田茂ギャラリー(東京)
「河口龍夫 春夏秋冬 未来」、桜画廊(愛知)
「河口龍夫展 時の形態」、細身画廊(東京)
  「河口龍夫展 初期絵画 1963→1966」、ヒルサイドギャラリー、アート・フロント・ギャラリー(東京)
  「河口龍夫 関係-蓮の時」、ギャラリー・マロニエ(京都)
1992 「河口龍夫展 関係-鉛の花時計」、ヒルサイドギャラリー、アート・フロント・ギャラリー(東京)
  「河口龍夫展 関係-鳥 ドローイング」、アートスペース虹(京都)
  「河口龍夫展 関係-鳥」、アートスペース虹(京都)
1991 「河口龍夫展 COSMOS」、村松画廊(東京)
  「河口龍夫 関係・植物」、横田茂ギャラリー(東京)
1990 「河口龍夫展 関係-本・種子を宿した北斎『富士と種子はテキストによく似あう』」、細見画廊(東京)「河口龍夫 関係・植物」、横田茂ギャラリー(東京)
  「今日の作家達 Today’s Artists展Ⅲ―’90 河口龍夫」、神奈川県立近代美術館
  「リーヴル・オブジェ 河口龍夫による〈種子を宿した北斎〉」、桜画廊(愛知)
「河口龍夫展 関係-種子・鉛の畑」、京二画廊(東京)
1989 「河口龍夫展 関係-種子/関係-種子・農園」、ギャラリーマロニエ Space 5 + Gallery 4(京都)
「河口龍夫展〈もう一つの青〉」、石屋町ギャラリー(京都)
「河口龍夫 関係-種子・垂直の畑」、村松画廊(東京)
「河口龍夫〈関係-種子〉」、桜画廊(愛知)
「河口龍夫展 関係-種子・農園」、ヒルサイドギャラリー(東京)
1988 「河口龍夫展」、ギャラリイ・ミュ(大津)
「河口龍夫展 関係-種子Ⅱ」、トアロード画廊(兵庫)
1987 「河口龍夫展」、アートスペース虹(京都)
「河口龍夫展 関係-種子」、トアロード画廊(兵庫)
「河口龍夫 関係 種子・土・水・空気」、雅陶堂ギャラリー(東京)
1986 「雅陶堂ギャラリー 7月 1986 河口龍夫 部分からなる作品 1972―」、雅陶堂ギャラリー(東京)
「河口龍夫展」、トアロード画廊(兵庫)
「〈今日の作家〉シリーズ 河口龍夫展」、大阪府立現代美術センター(大阪)
「河口龍夫展」、東京日仏学院ギャラリー(東京)
1985 「河口龍夫個展」、秋山画廊(東京)
「河口龍夫展」、トアロード画廊(兵庫)
「河口龍夫展」、ギャラリー・クオーレ(大阪)
1984 「河口龍夫」、ギャラリーK&M(岐阜)
「河口龍夫 青」、雅陶堂ギャラリー竹芝(東京)
「河口龍夫」、寛勲美術館(韓国)
1983 「河口龍夫展 関係-熱」、トアロード画廊(兵庫)
「河口龍夫」、ギャラリーすずき(京都)
「河口龍夫」、アートスペース虹(京都)
「河口龍夫展 自然の気配」、伊奈ギャラリー2(東京)
1982 「河口龍夫展」、トアロード画廊(兵庫)
「河口龍夫 関係-質」、桜画廊(愛知)
1981 「河口龍夫展」、アート・フロント・ギャラリー(東京)
「河口龍夫展 関係-質」、ギャラリー・ル・コアン(大阪)
「河口龍夫展」、トアロード画廊(兵庫)
1980 「河口龍夫展 関係-質・紙」、トアロード画廊(兵庫)
「河口龍夫 From Start to Start Part 2」、桜画廊(愛知)
「河口龍夫 From Start to Start Part 1」、桜画廊(愛知)
「河口龍夫展 関係-質」、コバヤシ画廊(東京)
1979 「河口龍夫展〈WORKS - MADE OF PARTS〉」、トアロード画廊(兵庫)
1978 「河口龍夫展〈IRON OF IRON〉or TOOLS」、トアロード画廊(兵庫)
「河口龍夫展 1968年-1978年」、アートセンターM(小浜)
「河口龍夫展 素材の語るもの」、ギャラリーU(愛知)
「河口龍夫個展―部分からなる作品―」、galerie 16(京都)
1977 「河口龍夫展」、ギャルリー・キタノ・サーカス(兵庫)
1975 「河口龍夫展」、南画廊(東京)
1972 「河口龍夫展 ENERGY」、ピナール画廊(東京)
1971 「河口龍夫個展 172800秒」、galerie 16(京都)
1968 「河口龍夫 DARK」、村松画廊(主催: 東京画廊)(東京)
1967 「河口龍夫版画展」、galerie 16(京都)
1966 「河口龍夫個展」、galerie 16(京都)
1965 「河口龍夫個展」、画廊あの(大阪)