Donald Evansは1977年、32歳という若さで夭折した作家です。幼少時から切手に興味を持ち自分自身の創造の国々を夢見ていました。建築を学び一時リチャード・マイヤーの事務所で働いていましたが、1972年にオランダに旅立ち、再び水彩による切手の制作を再開します。その残された短い間に42カ国もの想像の王国から緑滴る南洋の国やカモメの舞う北の国まで緻密に描かれた多くの切手に託し、戦争も飢餓もない平和な国々の便りを届けてくれました。
今までに数少ない展示がされましたが、残念ながら国内外を問わずその作品を観る機会はありません。少数の作品に限られますが、先々密やかな展示を計画しています。

* * *

ドナルド・エヴァンズの日本での展覧会歴

1984年(S.59) 6月25日-7月21日
DONALD EVANS STAMPS FROM THE WORLD OF DONALD EVANS
雅陶堂ギャラリー

1990年(H.2) 11月12日-12月8日
DONALD EVANS Postcard to Donald Evans
横田茂ギャラリー

1995年10月7日-11月12日
ミクロコスモスⅠ―ドナルド・エヴァンス展
神奈川県近代美術館(本館)